聖光学院高校普通科進学探究コース(福島県伊達市)

2022年4月学科再編。聖光学院高校に普通科進学探究コースが誕生しました。 学校設定科目である「探究」の時間を利用し、VUCA時代を生き抜く力を養います。 様々な活動を通して、「正解」のない時代だからこそ自分なりの「成解」を導き、 それぞれが考える幸せな生き方を育みます。

聖光学院高校普通科進学探究コース(福島県伊達市)

2022年4月学科再編。聖光学院高校に普通科進学探究コースが誕生しました。 学校設定科目である「探究」の時間を利用し、VUCA時代を生き抜く力を養います。 様々な活動を通して、「正解」のない時代だからこそ自分なりの「成解」を導き、 それぞれが考える幸せな生き方を育みます。

マガジン

ウィジェット

リンク

生徒の記事

普通科進学探究コース生が「探究」で学んだことや普段の生活での疑問をnote記事にまとめています。

すべて見る

目黒さんのお話しを聞いて分かったこと

 僕は、2月3日の探究で目黒さんという方からクラウドファンディングなどの色々な話しを聞かせていただいた。  その話しの中で僕が特に印象に残ったことが2つあった。1つ目に印象に残ったことが、ケレケレという文化で、二つ目がクラウドファンディングの使い方だった。       まず一つ目の印象に残った事がケレケレという文化に衝撃を受けた。    ケレケレという文化は、他人の物自分の物 自分の物は他人の物という文化で、みんなで助け合う文化だと目黒さんは言っていた。           

スキ
5

今しか出来ないこと

 私は先日、目黒さんに「なりたい自分と今しかできないこと」についてのお話を聞きました。  初めに「高校受験」「大学上京」「コロナウイルス」「Juise Stand MG開業」の4つのターニングポイントについて聞きました。目黒さんは高校受験に失敗し、ここで大きな座説をしたそうです。その後の大学ではフィジーというところに行き、「私のものはあなたのもの あなたのものは私のもの」というフィジーの国の共通語でケレケレと言うそうです。そこは発展途上国だそうで、そんな国だからこそお互いに協

スキ
3

自分で自分自身を楽しむ

 Juice Stand MGの目黒さんの話を聞いて自分自身の人生の在り方について考えることにした。  私もまだ16年しか生きていないがいろんな挫折を体験してきた。特に印象に残っているのは、中学二年生の時の新人戦の直前の練習である。県で優勝することを一番に練習に励んできたが突然左足のアキレス腱に痛みを感じるようになり、大会直前で焦っているということもあったのか痛みを我慢しながら練習に参加していた。そのうち痛みもひどくなり診て貰ったところ、左足のアキレス腱炎といわれ、試合を目前

スキ
3

なりたい自分を見つめて

 今日はラストの職業探究。福島でキッチンカーでフルーツドリンクを販売している目黒さんにお話を伺いました。   先ほど、フルーツドリンクと言いましたが、ただのフルーツドリンクではありません。目黒さんが販売しているのは、おばあさんが育てている桃などのフルーツの中で傷などが原因で売り物にならなくなってしまった、でもまだ食べれるものを取り扱っているそうです。  目黒さんはとても活発な方で英語を専門的に学ぶために大学へ進学したのちにフィジーという国に、留学にいったそうです。私が特に驚い

スキ
4

探究活動報告まとめ(月別)

学校設定科目の「探究」の時間を月毎に紹介しているマガジンです。

すべて見る

2022年11月の探究Ⅰまとめ

伊達市の柿の産出額は福島県第1位です。 11月11日の探究Ⅰの授業 11月17日の探究Ⅰの授業 11月24日の探究Ⅰの授業 11月25日の探究Ⅰの授業

スキ
9

2022年10月の探究Ⅰのまとめ

伊達市のりんご産出額は福島県第3位です。 10月4日の探究Ⅰの授業 10月6日の探究Ⅰの授業 10月7日の探究Ⅰの授業 10月20日の探究Ⅰの授業

スキ
8

2022年9月の探究Ⅰのまとめ

伊達市のぶどうの産出額は福島県で第1位です。 9月8日の探究Ⅰの授業 9月9日の探究Ⅰの授業 9月15日の探究Ⅰの授業 9月16日の探究Ⅰの授業 9月22日の探究Ⅰの授業 9月28日の探究Ⅰの授業 9月30の探究Ⅰの授業

スキ
8

2022年7月の探究Ⅰまとめ

伊達市の桃の産出額は福島県で第2位です。 7月5日の探究Ⅰの時間 7月8日の探究Ⅰの時間 7月14日の探究Ⅰの時間 7月15日の探究Ⅰの時間

スキ
7

普通科進学探究コース

普通科進学探究コース全般(特に木曜日・金曜日の学校設定科目”探究”)の取り組みを記事にしています。

すべて見る

"パラレルキャリア"について学ぶ

12月1日の探究の時間は、社会福祉士を軸に様々な活動をされている一條仁様に来校頂き、アイディアを生み出す授業をしていただきました。 一條さんはまず自身が今、歩まれている"パラレルキャリア(複業)"について説明してくださりました。 "副業"との違いは、ボランティアやNPOの参加など、金銭が発生しないこと。そして自分の将来に向けた自己投資(スキルアップ)の活動であるということでした。 前半の授業は一條さんが”複業”として行っているペイフォワードカフェの活動についてお話をして頂

スキ
19

世界はきっと楽しいから始まる

11月25日(金)の探究は一般社団法人FーWORLD(CHANNEL SQUARE)の代表、平学様に来校頂き、授業をして頂きました。 CHANNEL SQUAREではその名の通り、様々なチェンネル(事業)を通して福島を楽しく、そしてかっこよくする事業を行なっています。特に子供達が福島の自然から様々なことを学び、世界に羽ばたいてもらいたいと、環境づくりに尽力されています。 事業内容 ◇子どもたちに向けたより良い社会形成の推進を目的とする事業 ◇子どもたちに向けたスポーツやカ

スキ
9

今年度、最後の収穫

11月11日(金)の探究は、桑折町のニコニコファームにて最後の収穫となりました。 今回の収穫のメインは里芋。本来里芋の種芋の植え付けは4月上旬〜5月上旬、芽出しから1ヶ月で畑に植えなければならないなのですが、日程が合わず、6月下旬に苗植えを行いました。 やはり苗植えの時期がズレたため、他の畑よりも少々小ぶりに成長してしまい、上手に育てっているか少し心配です。 みんなで収穫。心配でしたが、とりあえず里芋を収穫することができました。芋がらもしっかり収穫。乾燥させて美味しくい

スキ
13

ルールメイキング

11月24日(木)の探究は弁護士の鎌田千翔さんに来校頂き、授業をして頂きました。 職業は知っていても、実際に深く弁護士の仕事を聞く機会がない職業。千翔さんはまず、生徒達に弁護士のイメージを質問しました。 「弱い人を守る人」,「犯罪者の刑を軽くする人」,「冤罪を防いでくれる人」と大人の私たちが持っているイメージやテレビや映画などで観るイメージと同じような意見が出ました。 千翔さんは、弁護士には大きく分けて4つの仕事があると説明してくださいました。 ①法律事務所での仕事  

スキ
11

走れ! S高 タンキュウブ

実現したかった”地域と生徒とのつながり”。 進学探究コースの「探究」の時間では収まりきらない探究活動を”タンキュウブ”として活動することとなりました。 地域×聖光の探究活動報告マガジンです。

すべて見る

drink tea and know things

ブランドに懸けた思い TEA&THINGSというブランド名 これはタイトルの通り drink tea and know things という意味を込めている お茶を飲みながら”こと”を知る。 プロジェクト開始の時、まだ名前はなかった。 プロジェクトの大枠が決まり どんなお茶を作ろうかと、 各地で手に入れたさまざまなお茶を飲む時間 お茶を飲む時、ぼーっと一点を見つめながら 留まるひとときがあった。 これを作った人は なんでお茶を作ろうと思ったんだろう。 これを栽培し

スキ
35
再生

Fukurum基金採択動画

福島県伊達市の学校初。Fukurum基金に採択されました。

スキ
6

日々の成長

KATARIBA ONLINE for Teens  KATARIBA ONLINE for Teens のマガジンにて、本校の進学探究コース1期生がインタビューを受け、記事になりました。 進学探究コースでは、スクールタイム外でも探究学習に励んでいます。その中の1つが KATARIBA ONLINE です。リモートで様々なプログラムに参加をし、様々なスキルを自ら磨いています。 みおさんとそうまさんは、今回「探究ゼミ グラフィックデザイン講座」に参加。自分のデザインをプロ

スキ
11

地域の資源を課題にする

”タンキュウブ”では6月から毎月1回開催されるエリアデザインラボ(PARKHACK)に参加しています。 エリアデザインラボ(PARK HACK)って?? 住民の利用頻度が低いうえに、維持するためのコストがかかるという福島県国見町藤田駅前広場。この課題を地域住民が活用し、かつ経済的に自立した”ヒロバ”にすることを目標に、新しい使い方や取り組みをみんなで考えます。生徒たちはエリアデザインラボを通して、地域の課題の向き合い方の基礎を学んでいます。 地域資源を使用した過去のイベ

スキ
5

進学探究コース長からのお知らせ

進学探究コース長から進学探究コースについてのお知らせや連絡を

すべて見る

1つ学べばそれは素晴らしい日

「落花生は、木に実るものだと思いました。」生徒からの何気ない質問。「そうだよね。木に実ってそうだもんね。」 ないげない疑問をぶつけられる環境、そして落花生を畑で種から植えたこと。この2つがなければ、今回の疑問は生まれなかったかもしれません。それだけで畑を探究に取り入れた意義があると感じました。 9月9日(金)の探究の時間は、聖光ファームで落花生の収穫を行いました。地元の種屋さんから、「おおまさり」という品種を購入。ポッドから育てて、ついに収穫の時期を迎えました。 落花生と

スキ
6

2022年7月の探究Ⅰまとめ

伊達市の桃の産出額は福島県で第2位です。 7月5日の探究Ⅰの時間 7月8日の探究Ⅰの時間 7月14日の探究Ⅰの時間 7月15日の探究Ⅰの時間

スキ
7

2022年6月の探究Ⅰまとめ

伊達市のうめの産出額は福島県で第1位です。 6月2日の探究Ⅰの時間 6月3日の探究Ⅰの時間 6月17日の探究Ⅰの時間① 6月17日の探究Ⅰの時間② 6月23日の探究Ⅰの時間 6月24日の探究Ⅰの時間 6月27日の探究Ⅰの時間 6月29日の探究Ⅰの時間

スキ
5

2022年5月の探究Ⅰまとめ

伊達市のメロンの産出額は福島県で第2位です。 5月6日の探究Ⅰの時間 5月12日の探究Ⅰの時間 5月26日の探究Ⅰの時間 5月27日の探究Ⅰの時間

スキ
8