聖光学院高校普通科進学探究コース(福島県伊達市)

2022年4月学科再編。聖光学院高校に普通科進学探究コースが誕生しました。 学校設定科…

聖光学院高校普通科進学探究コース(福島県伊達市)

2022年4月学科再編。聖光学院高校に普通科進学探究コースが誕生しました。 学校設定科目である「探究」の時間を利用し、VUCA時代を生き抜く力を養います。 様々な活動を通して、「正解」のない時代だからこそ自分なりの「成解」を導き、 それぞれが考える幸せな生き方を育みます。

ウィジェット

リンク

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

夢描け!ここがキミの道標。

普通科進学探究コースが、コース独自のnoteページを運営いたします。 2022年度に学科再編を行い、1期生を迎える進学探究コース。 「進学探究コースってどんなコースなんだろう?」 「コース独自の授業、探究って何?」 ということを記事を通して知ってもらえたらと立ち上げました。 コースの前に、聖光学院高校について知ってほしいので、まずは学校紹介をしたいと思います。 聖光学院高校60周年聖光学院は、1962(昭和37)年4月高等学校を設置して、60年になります。創設者たちは、この

    • 伊達駅に隣接しているスペースがぽっかりと空いてしまい、そのスペースの利活用を考える、見学させて頂きました。「窓からは駅が見える。」「調理スペースがある」「木造がエモい」などなど面白そうな思考のカケラがたくさん。伊達駅利用の方のみならず、伊達の地に来てもらう方法を一緒に考えます。

      • 桃の袋掛け作業のお手伝い。みんなでやって約500個ほど。発育は順調、むしろ早いくらい。しかし発育が早すぎると収穫が追いつかなくなるというデメリットも。また去年は袋が1つ3円だったものが今年は5円。四季の大切さと農業の現状を改めて知った1日。そして7月中旬から福島の桃が収穫開始!

        • 福島大学の留学生と国際交流プログラムを実施。高校生と大学生の共同ハーブティブランドTEA&THINGSのグローバルメンバーの育成を目指します。昨年は新商品開発を実施。今年はハーブティができるまでの流れ栽培、収穫、加工、完成までを留学生と行います。世界に福島の今を知り、伝える活動。

        • 固定された記事
        • 伊達駅に隣接しているスペースがぽっかりと空いてしまい、そのスペースの利活用を考える、見学させて頂きました。「窓からは駅が見える。」「調理スペースがある」「木造がエモい」などなど面白そうな思考のカケラがたくさん。伊達駅利用の方のみならず、伊達の地に来てもらう方法を一緒に考えます。

        • 桃の袋掛け作業のお手伝い。みんなでやって約500個ほど。発育は順調、むしろ早いくらい。しかし発育が早すぎると収穫が追いつかなくなるというデメリットも。また去年は袋が1つ3円だったものが今年は5円。四季の大切さと農業の現状を改めて知った1日。そして7月中旬から福島の桃が収穫開始!

        • 福島大学の留学生と国際交流プログラムを実施。高校生と大学生の共同ハーブティブランドTEA&THINGSのグローバルメンバーの育成を目指します。昨年は新商品開発を実施。今年はハーブティができるまでの流れ栽培、収穫、加工、完成までを留学生と行います。世界に福島の今を知り、伝える活動。

        マガジン

        • 探究授業サポーターのご紹介
          23本
        • 進学探究コース長からのお知らせ
          20本
        • 走れ! S高 タンキュウブ
          23本
        • 普通科進学探究コース
          64本
        • 探究授業まとめ(月別)
          12本
        • 生徒の記事
          218本

        記事

          台湾の高校生に福島(飯坂町)を知ってもらうツナグタビライブツアー大成功!!短い準備期間にも関わらず、入学してまだ2ヶ月の高校1年生が大活躍してくれました。「福島に行きたい!」「足湯良い!」「和菓子最高!」などたくさんの嬉しい言葉を頂きました。高校生の可能性は無限大と感じた1日。

          台湾の高校生に福島(飯坂町)を知ってもらうツナグタビライブツアー大成功!!短い準備期間にも関わらず、入学してまだ2ヶ月の高校1年生が大活躍してくれました。「福島に行きたい!」「足湯良い!」「和菓子最高!」などたくさんの嬉しい言葉を頂きました。高校生の可能性は無限大と感じた1日。

          コース3期生が初めて大学生とイベント出店を実施。最初は何をしていいかわからないけれど、2期生の1年後の成長を見ているので見守るのみ。耕作放棄地で育てたハーブと売り物にならない果物をドライフルーツにし、ハーブティにアップサイクルしています。福島駅西口にて販売。ぜひご賞味ください。

          コース3期生が初めて大学生とイベント出店を実施。最初は何をしていいかわからないけれど、2期生の1年後の成長を見ているので見守るのみ。耕作放棄地で育てたハーブと売り物にならない果物をドライフルーツにし、ハーブティにアップサイクルしています。福島駅西口にて販売。ぜひご賞味ください。

          福島県国際交流協会によるやさしい日本語講座を実施。これからの時代は日本に住んでいても様々な国の方が日常にいる時代に突入するかも。福島には現在、観光では台湾、就業ではベトナムの方が多くいらっしゃいます。易しい言葉は優しいにつながる。相手の立場に立って考えることの重要性を学びました。

          福島県国際交流協会によるやさしい日本語講座を実施。これからの時代は日本に住んでいても様々な国の方が日常にいる時代に突入するかも。福島には現在、観光では台湾、就業ではベトナムの方が多くいらっしゃいます。易しい言葉は優しいにつながる。相手の立場に立って考えることの重要性を学びました。

          福島の川内村の猪狩いちご農園さんでいちご狩り。形の良い販売用のいちごにするにはミツバチが必須。ミツバチがハウスにいないので、形は少し崩れていますが、味は全く同じ。このいちごを大切に使わせていただき、TEA&THINGSのドライフルーツハーブティとして生まれ変わらせます。

          福島の川内村の猪狩いちご農園さんでいちご狩り。形の良い販売用のいちごにするにはミツバチが必須。ミツバチがハウスにいないので、形は少し崩れていますが、味は全く同じ。このいちごを大切に使わせていただき、TEA&THINGSのドライフルーツハーブティとして生まれ変わらせます。

          福島の鮫川村を訪問。未来につながる人と自然にやさしい村づくりを目指して循環型農業の取り組みを肌で感じる体験。今回は大豆植えをお手伝い。福島も大きな問題である人口減少。でも何もしていないわけじゃない。正解がわからない中でも、行動し続けている大人の探究の後ろ姿、かっこいい。

          福島の鮫川村を訪問。未来につながる人と自然にやさしい村づくりを目指して循環型農業の取り組みを肌で感じる体験。今回は大豆植えをお手伝い。福島も大きな問題である人口減少。でも何もしていないわけじゃない。正解がわからない中でも、行動し続けている大人の探究の後ろ姿、かっこいい。

          台湾との交流も2年目に突入。今年はご縁があって台湾の龍潭高級中等學校さんとの交流。本来は福島に教育旅行で来て頂き、本コース生が福島を案内する予定でした。9月以降に延期となってしまいましたが、リモートでの交流は実現。この経験を通してグローバルな視点で探究に取り組んでもらいたいです。

          台湾との交流も2年目に突入。今年はご縁があって台湾の龍潭高級中等學校さんとの交流。本来は福島に教育旅行で来て頂き、本コース生が福島を案内する予定でした。9月以降に延期となってしまいましたが、リモートでの交流は実現。この経験を通してグローバルな視点で探究に取り組んでもらいたいです。

          ”まちあるき”を実施。最後は無料で入れる足湯でゴール。福島県飯坂町は国の有形文化財が5つ歩きながら巡れます。また松尾芭蕉が立ち寄ったとされる宿場町。にぎわいやまちづくり。今ままでと違った視点巡る福島。と、言いつつも高校生活の思い出づくり。遠足気分で大満喫した1日となりました。

          ”まちあるき”を実施。最後は無料で入れる足湯でゴール。福島県飯坂町は国の有形文化財が5つ歩きながら巡れます。また松尾芭蕉が立ち寄ったとされる宿場町。にぎわいやまちづくり。今ままでと違った視点巡る福島。と、言いつつも高校生活の思い出づくり。遠足気分で大満喫した1日となりました。

          スマートフォン、タブレットをフル活用!福島の飯坂町を探究でまち歩き。学校から車で5分で着く飯坂温泉という観光地。近すぎるがゆえにじっくりと訪れることが少ない町を”まちづくり”,”にぎわいづくり”という視点でまちあるきします。限られた時間で楽しむために真剣な眼差しで取り組みました。

          スマートフォン、タブレットをフル活用!福島の飯坂町を探究でまち歩き。学校から車で5分で着く飯坂温泉という観光地。近すぎるがゆえにじっくりと訪れることが少ない町を”まちづくり”,”にぎわいづくり”という視点でまちあるきします。限られた時間で楽しむために真剣な眼差しで取り組みました。

          環境省のご協力のもと、福島県飯舘村の長泥地区を訪問。学校からバスで1時間のところですが、2023年5月にやっと避難指示が解除された場所。身近なところでも知らないことばかり。福島に起こったことを知る。難しいことやわからないことも含めて自分事で。どう感じたかは人それぞれ。それが探究。

          環境省のご協力のもと、福島県飯舘村の長泥地区を訪問。学校からバスで1時間のところですが、2023年5月にやっと避難指示が解除された場所。身近なところでも知らないことばかり。福島に起こったことを知る。難しいことやわからないことも含めて自分事で。どう感じたかは人それぞれ。それが探究。

          築250年の民家をリノベーションし、伊達市で民宿を営んでいる”風知草”を訪問。オーナーの樋口さんは千葉県からの移住者。なぜ伊達市に移住したのか。その中に伊達市の魅力のカケラがあるのかもしれない。青空のもと、江戸時代とほぼ変わらないであろう風景を眺めながら座談会。素敵なひととき。

          築250年の民家をリノベーションし、伊達市で民宿を営んでいる”風知草”を訪問。オーナーの樋口さんは千葉県からの移住者。なぜ伊達市に移住したのか。その中に伊達市の魅力のカケラがあるのかもしれない。青空のもと、江戸時代とほぼ変わらないであろう風景を眺めながら座談会。素敵なひととき。

          「伊達市のことを深く知りたい。」そんな思いから、だて青年会議所を訪問。話を聞いて感じたのは、伊達市の為に大人も探究し続けているということ。その中で高校生ができることってなんだろう。期待とは裏腹に更にモヤモヤした1日。でもこれが探究。正解のない問いに向き合う1年が始まります。

          「伊達市のことを深く知りたい。」そんな思いから、だて青年会議所を訪問。話を聞いて感じたのは、伊達市の為に大人も探究し続けているということ。その中で高校生ができることってなんだろう。期待とは裏腹に更にモヤモヤした1日。でもこれが探究。正解のない問いに向き合う1年が始まります。

          学年が上がって初の定期考査が始まります。休日を挟むので、有志で勉強会を実施。伊達市のコミュニティスペースである”リノコトコバコ”を貸し切らせて頂き、素敵な環境で学習することができました。集まったメンバーのほとんどが数学を学習。良いスタートダッシュを決めてほしいです。

          学年が上がって初の定期考査が始まります。休日を挟むので、有志で勉強会を実施。伊達市のコミュニティスペースである”リノコトコバコ”を貸し切らせて頂き、素敵な環境で学習することができました。集まったメンバーのほとんどが数学を学習。良いスタートダッシュを決めてほしいです。