聖光学院高校普通科進学探究コース(福島県伊達市)

2022年4月学科再編。聖光学院高校に普通科進学探究コースが誕生しました。 学校設定科…

聖光学院高校普通科進学探究コース(福島県伊達市)

2022年4月学科再編。聖光学院高校に普通科進学探究コースが誕生しました。 学校設定科目である「探究」の時間を利用し、VUCA時代を生き抜く力を養います。 様々な活動を通して、「正解」のない時代だからこそ自分なりの「成解」を導き、 それぞれが考える幸せな生き方を育みます。

ウィジェット

リンク

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

夢描け!ここがキミの道標。

普通科進学探究コースが、コース独自のnoteページを運営いたします。 2022年度に学科再編を行い、1期生を迎える進学探究コース。 「進学探究コースってどんなコースなんだろう?」 「コース独自の授業、探究って何?」 ということを記事を通して知ってもらえたらと立ち上げました。 コースの前に、聖光学院高校について知ってほしいので、まずは学校紹介をしたいと思います。 聖光学院高校60周年聖光学院は、1962(昭和37)年4月高等学校を設置して、60年になります。創設者たちは、この

    • 国見町を通してまちづくりを学ぶ”エリアデザインラボ”の修了式。タンキュウブ6名が1年間国見町のまちづくりに関わり、修了証が授与されました。この取り組みを通して自分たちのまちを新しいアングルで見る機会。"まち"の解像度が上がった生徒達が2年生ではどんな探究活動をするのか楽しみです。

      • コミュニティスペースをどう活用するのか。3学期の探究の集大成!1年生が大人達の前で堂々と発表。入学して1年。大きく成長している生徒達。コロナの影響で中学生活の3年間、制限を受けていた生徒達。本校の環境をフルに活かし、思いっきり高校生活を楽しんでもらいたい。そう改めて感じた1日。

        • 農家さんから美味しいりんご。でもよく見ると鳥に突かれた後や落ちて傷になったもの。味は変わらないのに、売り物にならないりんご。でも出荷されるりんごと同じ愛情込められて育てられたりんご。昨年は特に不作だったそう。今の異常気象も影響。当事者意識を持って、まずは向き合うことが大事。

        • 固定された記事
        • 国見町を通してまちづくりを学ぶ”エリアデザインラボ”の修了式。タンキュウブ6名が1年間国見町のまちづくりに関わり、修了証が授与されました。この取り組みを通して自分たちのまちを新しいアングルで見る機会。"まち"の解像度が上がった生徒達が2年生ではどんな探究活動をするのか楽しみです。

        • コミュニティスペースをどう活用するのか。3学期の探究の集大成!1年生が大人達の前で堂々と発表。入学して1年。大きく成長している生徒達。コロナの影響で中学生活の3年間、制限を受けていた生徒達。本校の環境をフルに活かし、思いっきり高校生活を楽しんでもらいたい。そう改めて感じた1日。

        • 農家さんから美味しいりんご。でもよく見ると鳥に突かれた後や落ちて傷になったもの。味は変わらないのに、売り物にならないりんご。でも出荷されるりんごと同じ愛情込められて育てられたりんご。昨年は特に不作だったそう。今の異常気象も影響。当事者意識を持って、まずは向き合うことが大事。

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 探究授業サポーターのご紹介
          聖光学院高校普通科進学探究コース(福島県伊達市)
        • 進学探究コース長からのお知らせ
          聖光学院高校普通科進学探究コース(福島県伊達市)
        • 走れ! S高 タンキュウブ
          聖光学院高校普通科進学探究コース(福島県伊達市)
        • 普通科進学探究コース
          聖光学院高校普通科進学探究コース(福島県伊達市)
        • 探究授業まとめ(月別)
          聖光学院高校普通科進学探究コース(福島県伊達市)
        • 生徒の記事
          聖光学院高校普通科進学探究コース(福島県伊達市)

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          伝えることの難しさを知る。福島県国際交流協会様にご協力をいただき、インドネシアの方と日本語で交流。しかし!当たり前に使っている日本語は難しい。「避難」ではなく「逃げます」。”はっきり、短く、最後まで”を合言葉にやさしい日本語で。自分の当たり前をこの体験を通してリフレーミング。

          伝えることの難しさを知る。福島県国際交流協会様にご協力をいただき、インドネシアの方と日本語で交流。しかし!当たり前に使っている日本語は難しい。「避難」ではなく「逃げます」。”はっきり、短く、最後まで”を合言葉にやさしい日本語で。自分の当たり前をこの体験を通してリフレーミング。

          ”タンキュウブ”の先輩に聞いてみた(Vol.2)

          企画概要 普通科進学探究コース独自の活動である”タンキュウブ”。”タンキュウブ”で活動した先輩方は、活動後にどんな”スキ”を見つけ、自分なりの”成解”へ辿り着いたのか。先輩方の今を取材し、新しい”何か”を見つける企画です。 今回の先輩はコチラ▽ タンキュウブ0期生 国際ビューティ&フード大学校 トータルビューティー科 羽賀夕華さん そうま : 「それでは先輩、改めて自己紹介をお願いします。」 ゆうか : 「はい。(笑) 改めまして羽賀夕華です。2023年3月に聖光学

          ”タンキュウブ”の先輩に聞いてみた(Vol.2)

          ”国見のミライ”というイベントのお手伝い。ピザに漢方にコーヒー。写真に演劇にワークショップ。”国見のミライ”がつまった素敵な空間となりました。空き家の利活用という社会課題にも挑戦した今回のイベント。地域に溶け込む高校生の姿を見守りながら、私は純粋にイベントをエンジョイしました。

          ”国見のミライ”というイベントのお手伝い。ピザに漢方にコーヒー。写真に演劇にワークショップ。”国見のミライ”がつまった素敵な空間となりました。空き家の利活用という社会課題にも挑戦した今回のイベント。地域に溶け込む高校生の姿を見守りながら、私は純粋にイベントをエンジョイしました。

          福島の可能性を詰め込んだ1杯。出荷制限が解除された”ゆず”をベースに福島大学の留学生達と共同制作。名前は”FUKUSHIMA FLORA"。"TEA&THING"の5種類目のフレーバーとして誕生です。お茶を通して、今の福島を日本にそして世界に知ってもらう活動をしていきます。

          福島の可能性を詰め込んだ1杯。出荷制限が解除された”ゆず”をベースに福島大学の留学生達と共同制作。名前は”FUKUSHIMA FLORA"。"TEA&THING"の5種類目のフレーバーとして誕生です。お茶を通して、今の福島を日本にそして世界に知ってもらう活動をしていきます。

          福島県の飯坂町にて出店。現2年生から引き継ぎ、まもなく1年を迎えます。ぎこちなかった販売も今や手際良く準備、接客対応もなんのそのです。日々の成長を感じましたが、ここで大きな失敗!想定を大きく上回り、用意していた個数を午前中で完売してしまいました。次回の出店にいかします!

          福島県の飯坂町にて出店。現2年生から引き継ぎ、まもなく1年を迎えます。ぎこちなかった販売も今や手際良く準備、接客対応もなんのそのです。日々の成長を感じましたが、ここで大きな失敗!想定を大きく上回り、用意していた個数を午前中で完売してしまいました。次回の出店にいかします!

          発表!発表!発表!自分達がやって来たことをいかに相手に伝えるか。1月は福島県を縦断。伊達市、福島市、郡山市にて本コースの取り組みを発表して来ました。生徒は場数を多く踏み、日々成長しています。高校生だけでできないこと。それを大人達に伝え、巻き込むこと。やっかいな問題はみんなで解く。

          発表!発表!発表!自分達がやって来たことをいかに相手に伝えるか。1月は福島県を縦断。伊達市、福島市、郡山市にて本コースの取り組みを発表して来ました。生徒は場数を多く踏み、日々成長しています。高校生だけでできないこと。それを大人達に伝え、巻き込むこと。やっかいな問題はみんなで解く。

          岐阜県池田町にある県立池田高校との探究報告会を実施しました。友好交流協定がきっかけで生まれた今回の取り組み。改めて他県や他校との交流の大切さに気づいた時間となりました。2024年5月の最終発表に向け、最後のアクション期間。生徒はどんな”成解”を導くのでしょうか。

          岐阜県池田町にある県立池田高校との探究報告会を実施しました。友好交流協定がきっかけで生まれた今回の取り組み。改めて他県や他校との交流の大切さに気づいた時間となりました。2024年5月の最終発表に向け、最後のアクション期間。生徒はどんな”成解”を導くのでしょうか。

          「未来の子どもたちの為に、世界は楽しいから始まる!」

          プロフィールCHANNEL SQUAREのホームページはコチラ▽ 本コースでの授業をして頂きました▽ はじめに 一般社団法人F-WORLD、CHANNEL SQUARE代表の平学さん。大人である今も全力で「遊び」、少年の心を忘れない平さん。そんな平さんが横乗りスポーツの魅力を発信、挑戦していく姿をご覧ください。 横乗りスポーツって? 主にサーフィン、スノーボード、スケートボードのこと。頭文字がSから始まるので「3S」と呼ばれています。 仕事・取り組みのきっかけ き

          「未来の子どもたちの為に、世界は楽しいから始まる!」

          見守る。先生にとっては一番難しいこと。なにかと手を差し伸べようとしていまう。我慢。彼らの思考の邪魔をしない。それは私自身が勝手に思い描いている正解。彼らには彼らの正解がある。じっと見守る。彼らの思考をめぐらせるために。そんな探究の時間だった1日。

          見守る。先生にとっては一番難しいこと。なにかと手を差し伸べようとしていまう。我慢。彼らの思考の邪魔をしない。それは私自身が勝手に思い描いている正解。彼らには彼らの正解がある。じっと見守る。彼らの思考をめぐらせるために。そんな探究の時間だった1日。

          進学探究コースと美術部がタッグを組んで、伊達市と面白いことを画策中。さてどのようになるのか。今からとても楽しみです。

          進学探究コースと美術部がタッグを組んで、伊達市と面白いことを画策中。さてどのようになるのか。今からとても楽しみです。

          マイプロジェクト福島県Summitが1月27日に開催。本コースでは3名が出場。年々高校生のアクションレベルが上がっていて、刺激を受けるとても良い機会となりました。1日という長丁場にも関わらず、終了後の生徒の顔つきが変わっていたことに驚き。高校生が集う場所の重要性を再確認した1日。

          マイプロジェクト福島県Summitが1月27日に開催。本コースでは3名が出場。年々高校生のアクションレベルが上がっていて、刺激を受けるとても良い機会となりました。1日という長丁場にも関わらず、終了後の生徒の顔つきが変わっていたことに驚き。高校生が集う場所の重要性を再確認した1日。

          探究への道

          「探究への道」第29号▽明治図書から発行されている「スクールシフト」の執筆者でおられる公文国際学園中・高等部の齋藤亮次先生や札幌新陽高等学校の赤司展子校長先生も寄稿している「探究への道」に寄稿させて頂きました。 2022年4月より高校教育で始まった「総合的な探究の時間」。その設計や構築に関して悩んでいる先生方の少しでも参考になればと思っております。 探究を主軸としたコースを設置して2年。私自身もいまだに探究を探索している最中です。 「総合的な探究の時間」は学校の先生の指