マガジンのカバー画像

進学探究コース長からのお知らせ

13
進学探究コース長から進学探究コースについてのお知らせや連絡を
運営しているクリエイター

記事一覧

1つ学べばそれは素晴らしい日

「落花生は、木に実るものだと思いました。」生徒からの何気ない質問。「そうだよね。木に実ってそうだもんね。」 ないげない疑問をぶつけられる環境、そして落花生を畑で種から植えたこと。この2つがなければ、今回の疑問は生まれなかったかもしれません。それだけで畑を探究に取り入れた意義があると感じました。 9月9日(金)の探究の時間は、聖光ファームで落花生の収穫を行いました。地元の種屋さんから、「おおまさり」という品種を購入。ポッドから育てて、ついに収穫の時期を迎えました。 落花生と

スキ
2

2022年7月の探究Ⅰまとめ

伊達市の桃の産出額は福島県で第2位です。 7月5日の探究Ⅰの時間 7月8日の探究Ⅰの時間 7月14日の探究Ⅰの時間 7月15日の探究Ⅰの時間

スキ
7

2022年6月の探究Ⅰまとめ

伊達市のうめの産出額は福島県で第1位です。 6月2日の探究Ⅰの時間 6月3日の探究Ⅰの時間 6月17日の探究Ⅰの時間① 6月17日の探究Ⅰの時間② 6月23日の探究Ⅰの時間 6月24日の探究Ⅰの時間 6月27日の探究Ⅰの時間 6月29日の探究Ⅰの時間

スキ
5

2022年5月の探究Ⅰまとめ

伊達市のメロンの産出額は福島県で第2位です。 5月6日の探究Ⅰの時間 5月12日の探究Ⅰの時間 5月26日の探究Ⅰの時間 5月27日の探究Ⅰの時間

スキ
8

2022年4月の探究Ⅰまとめ

伊達市のいちごの産出額は福島県で第1位です。 4月21日の探究Ⅰの時間 4月22日の探究Ⅰの時間

スキ
10

日々の成長

KATARIBA ONLINE for Teens  KATARIBA ONLINE for Teens のマガジンにて、本校の進学探究コース1期生がインタビューを受け、記事になりました。 進学探究コースでは、スクールタイム外でも探究学習に励んでいます。その中の1つが KATARIBA ONLINE です。リモートで様々なプログラムに参加をし、様々なスキルを自ら磨いています。 みおさんとそうまさんは、今回「探究ゼミ グラフィックデザイン講座」に参加。自分のデザインをプロ

スキ
10

笑顔の種類

7月12日(火)ふたば未来学園に訪問させていただき、「探究」の研修プログラムに参加しました。朝から晩まで、探究漬け。しかしあっという間の1日でした。 まだまだ本校の進学探究コースは始まったばかり。1期生の生徒をどう育てていくか、今後入学する聖光学院生をどのように羽ばたかせるかということを題材に、私たちも日々実直に学ばなければなりません。 特に探究の学びは教員自身の凝り固まった考えが邪魔になることが多々あります。ふたば未来学園の探究実践例をもとに、その部分を洗い出し、振り返

スキ
12

”キモチ”を”カタチ”に

少し恩返しができた日ついに聖光ファームで育てた”ビーツ”の収穫時期です。実っているかがとても心配でした・・・。が・・・。無事収穫することができました。しかも大量です。 ビーツといえば、ロシアの伝統料理”ボルシチ”をイメージしますが、健康に欠かせない栄養素が多く含まるスーパーフードです。 無事収穫したビーツを昨年からお世話になっているJSMGさんに贈呈。やっと恩返しができました。 昨年から親交のある姉妹の2人。昨年までの進学コースの探究や今年度の進学探究コースの取り組

スキ
9

ファーストペンギン

2022年5月27日(金)5・6校時目 進学探究コースは、イタリアのミラノとリモートで繋ぎ、NY大学1年生の菊田隆一郎さんとの特別授業を行いました。本校ホームページに詳細が載っておりますので、授業の内容についてはこちらをご覧ください。↓ noteでは、彼との出会いやこの授業にいたった経緯をお話したいと思います。 菊田隆一郎君の記事↓ 菊田隆一郎君のnoteはコチラ↓ 1.ついに実現した菊田君の授業ついにこの日がやってきた。昨年から交流があり、彼は今年ニューヨーク大学へ

スキ
21

お米を育てる

2022年4月16日 種籾の催芽を行いました。 種籾・・・お米の種 催芽・・・種籾を発芽させること。 私も初めての経験です。1年前は苗からの米作りだったので、苗まで育てることで、米作りの全工程を学ぶことができます。 1.塩水選を行う。昨年の収穫から保管してた種籾達。その中でも選りすぐりの精鋭を選ぶため、塩水選を行います。 種籾を塩水に付けます。粒がしっかりと詰まっていると塩水の底に沈み、詰まっていない場合は、塩水の比重により種籾が浮きます。塩水の加減は、生卵が浮く程度に

スキ
13

食農教育を大事にする

食農教育とは、一般的な食育活動に加えて、それを支える農業や地域、自然との関わりにも注目し、私たちの食を支える農業活動を知る・体験することです。 食育って? ”食育”の定義は、「食」をめぐる環境の変化の中で、国民一人ひとりが「食」に関する適切な判断力を養い、生涯にわたって健全な食生活を実現することにより、国民の心身の健康の増進と豊かな人間形成を資することとされています。                               食育基本法より 私たちは”食”と”農”につい

スキ
29

新入生オリエンテーションを実施しました。

2022年3月26日(土)に新入生オリエンテーションを実施しました。 進学探究コース1期性(2022年度)は12名のスタートとなりました。 まだ中学生の制服を着て、高校0年生の皆さんですが、 4月11日(月)には聖光学院の制服を着た、高校1年生となった皆さんとお会でき ることを楽しみにしております。

スキ
19

2021年度普通科進学コースの取り組み

前年度より、大学入試形態が大きく変化した。特に少子化に伴い、大学の推薦選抜(総合型選抜・学校推薦型選抜)の受け入れが増加し、私立大では5割、国公立大においても3割がこの選抜方法で大学に入学する時代となった。 推薦選抜を多用する本校にとっての一番の課題となったのは、志願理由書や面接の場面で「高校生活で何を学んだか」が問われる場面である。 本校は「総合的な探究の時間」を礼拝や聖書の時間として使用している。心の教育としての経験値は充実している本校だが、スクールタイム内の課外活動

スキ
16