見出し画像

”いちご”は野菜です。

6月22日(水)の”タンキュウブ”の活動は、農園見学でした。

毎月第3金曜日に”みちの駅伊達”にて野菜や果物を販売するDate Seiko Marche 。そこでお世話になっている斎藤農園(伊達市霊山町)さん。
今回はいちごの収穫がひと段落したハウスを”タンキュウブ”で見学させて頂けることとなりました。

伊達市の”いちご”の出荷量は福島県第1位。今回は”とちおとめ”と”ふくはる香”のハウス見学です。

”ふくはる香”って?

”ふくはる香”は、福島県が開発したオリジナル品種(その他にも”ふくあや香”というオリジナル品種もあります。)で平成18年に品種登録されました。ほのかに桃のような甘くてさわやかな香りがして、スッキリとした甘味が魅力で、洗練された風味が楽しめるイチゴです。

ハウスの中に入るとすぐ、いちごの香りが広がりました。収穫をし終えたとはいえ、まだまだいちご苗にはたくさんのいちごが実っています。

「収穫して、食べていいよ。」
生徒たちは大喜び。見学からいちご狩りへ変更。私もいちご狩りは人生初です。生徒とともに楽しんでしまいました。

巨大なハウスです。
ハウス内にはいちごの苗がびっしり!!
収穫は終わっていますが、まだいちごが実っています。

許可を頂き、”見学”から”いちご狩り”へ
授業では見られないステキな笑顔です。
こらこら。独り占めはダメですよ。

収穫したイチゴは学校に持ち帰り、部活動の生徒や教職員の方々へお裾分け。美味しく頂きました。斎藤農園さん、本当にありがとうございました。

心のアンテナを高く広く。地域とつながり、様々なことに好奇心を持って行動してほしいと思っています。

Date & Seiko Marche(毎月第三金曜日)開催


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
聖光学院高校普通科進学探究コース(福島県伊達市)
2022年4月学科再編。聖光学院高校に普通科進学探究コースが誕生しました。 学校設定科目である「探究」の時間を利用し、VUCA時代を生き抜く力を養います。 様々な活動を通して、「正解」のない時代だからこそ自分なりの「成解」を導き、 それぞれが考える幸せな生き方を育みます。